角栓ケアできめ細やかな肌|美肌のトリセツ

婦人

オススメの洗顔料

ソープ

商品の内容

洗顔料は肌質で選ぶのが基本となりますが、その中でも全ての肌におススメなのが、合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸です。洗顔料は大きく分けて、洗顔フォームと洗顔石鹸に分けられます。前者は合成界面活性剤が含まれており強い洗浄力が魅力です。後者は界面活性剤無添加のため、洗浄力はマイルドですが、肌に優しい点が大きなメリットになります。強い洗浄力の洗顔フォームは、洗い心地が良いため、使いやすいと感じる人も多いかもわかりません。しかし、肌質によっては、肌を傷める原因となっている場合があるので注意が必要です。合成界面活性剤が、余分な皮脂まで落としてしまうと、肌がそれを修復するために、皮脂を分泌するのです。それがニキビや吹き出物、肌荒れといった原因となります。

アルカリ性の洗顔石けん

その点、洗顔石鹸であれば、必要以上に擦ったり、何回も洗ったりしない限りは、肌を傷めることがありません。ただし保湿成分が含まれていない純石鹸は、ツッパリの原因にもなりますので、洗顔後のアフターケアをしっかりと行うか、もしくは保湿成分を含んだ洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。ただし、保湿成分を含んだ石鹸は、製造に手間と時間がかかるため、コストが高くなる傾向にあります。また、洗顔石鹸は弱酸性や中性のものよりも、アルカリ性のものを選ぶようにしましょう。肌は本来弱酸性ですが、アルカリ性のものを使うことで、肌が弱酸性に戻ろうとしてターンオーバーを早めるのため、美肌効果が得られるのです。